矯正歯科治療

矯正歯科治療は大人になっても可能です!

矯正歯科治療は大人になっても可能です!矯正歯科治療と言えば、子どもが受けるものというイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。実は、大人の方でも問題なく矯正歯科治療を受けて頂けます。
子どもの頃に行うよりも治療のゴールが分かりやすいことが大きなメリットです。

歯並びを悪いまま放置していると…?

歯並びが悪い状態を放置すると、顎関節症や肩こり、偏頭痛、顔の歪みなど、さまざまな症状が現れる恐れがあります。
顔のラインや歯並びが乱れると、外見にコンプレックスを感じるようになり、笑顔が減ってしまう方が少なくありません。その結果、頬の筋肉が減少し、さらに顔のラインに問題が起きるという悪循環に陥るケースもあります。

不正歯列が及ぼすリスク

むし歯や歯周病になりやすくなる

歯がさまざまな方向に生えていたり、歯と歯が重なっていたりすると、歯ブラシがすみずみまで届かなくなります。
その結果、むし歯や歯周病のリスクが高まり、早期に歯を失うことに繋がります。

胃腸に負担がかかる場合がある

咬み合わせが悪いと、十分に噛むことができず、胃腸に大きな負担がかかってしまいます。

顔の歪み

左右均等に噛むことができないために、噛む筋肉のバランスが崩れます。その結果、顔の歪みが生じます。

顎関節症

咬み合わせが悪い状態で食べ物を噛むと、顎関節に大きな負担がかかります。顎関節症を発症し、顎関節の痛みや顔の痛み、口が開きづらいなど、さまざまな症状が現れ、生活の質が低下する恐れがあります。

発音・滑舌

歯並びが悪いと、特定の音を発音しづらくなる場合があります。例えば、下の歯が上の歯よりも前に出ている受け口は、サ行やタ行の発音が悪くなり、人とのコミュニケーションに支障をきたす可能性があります。

体の不調

噛み合わせのバランスが悪いと、噛む筋肉のバランスも崩れます。その結果、肩こりや頭痛が起きるケースが少なくありません。さらに、全身のバランスも崩れて、さまざまな不調を引き起こすケースもあります。

大人の矯正歯科治療のメリット

口元のコンプレックスを解消できる

コンプレックスを解消できる歯並びのコンプレックスを解消すると、人前で思いっきり笑えるようになったり、口元を気にせずに食事ができるようになったりするでしょう。歯並びが整えば、顔全体の印象も良くなり、対人関係や仕事に良い影響が及ぶことも期待できます。

むし歯や歯周病のリスクが減る

むし歯や歯周病のリスクが減る歯並びがきれいだと、歯ブラシがすみずみまで届くため、歯を清潔な状態に保ちやすくなります。また、咬み合わせのバランスが良い状態では、歯への負担に偏りが生じないため、歯を早期に失うリスクが低下します。

口臭が改善する

口臭が改善する歯並びが悪いと、歯磨きをしても汚れを十分に落とすことができません。その結果、歯周病を発症し、歯茎のトラブルや口臭などが引き起こされる恐れがあります。矯正治療で歯並びを整えて歯磨きを正しく行えるようになれば、結果的に口臭の予防が期待できます。

一番上に戻る
045-443-8040 WEB予約WEB予約