表側矯正

表側矯正とは?

表側矯正とは?表側矯正とは、矯正歯科治療の中で最もスタンダードとされる矯正治療です。歯にブラケットという小さな金属製の装置を取り付け、そこにワイヤーを通して連結させることで、ワイヤーの張力で歯を動かします。幅広い症例に対応できることが最大のメリットです。その一方で、装置が目立ちやすいというデメリットもあります。
当院では、白色や透明の目立ちにくい矯正装置を使用しておりますので、見た目の問題を最小限に抑えることが可能です。

表側矯正のメリット

幅広い症例に対応できる

表側矯正は、難症例を含めた幅広い症例に対応できます。また、費用が舌側矯正(裏側矯正)よりも抑えられる場合が多いです。

表側矯正のデメリット

矯正していることがバレやすい

表側矯正は、口を開いたり笑ったりしたときに装置が目立つため、周りの人に矯正歯科治療中であることがバレてしまいやすいでしょう。仕事柄、目立つ矯正装置を避けたい方は、表側矯正は向いていません。ただし、白色や透明の目立ちにくいブラケットやワイヤーを使用することで、審美面の問題を抑えられます。

口元に厚みが出る

歯の表側に矯正装置を取り付けると、口元に厚みが出ます。

目立ちにくいワイヤー矯正

矯正歯科治療と言えば、金属の矯正装置を歯の表側に取り付けることをイメージする方が多いのではないでしょうか。ワイヤー矯正を懸念する理由の多くは装置の見た目です。近年では、目立ちにくいワイヤー矯正が可能になったため、目立ちにくく歯並びをしっかり治したいという方もワイヤー矯正を始めて頂けると思います。当院では、下記のような取り組みで装置を目立ちにくくしています。

審美ブラケット

透明の目立ちにくいブラケットを使用することで、金属製のブラケットと比べて目立ちにくくなります。また、金属不使用のため、金属アレルギーの方にもお使いいただけます。

ホワイトワイヤー・シルバーワイヤー

白色や銀色でコーティングされたワイヤーを使用することで、遠くからはワイヤーが見えにくくなります。審美ブラケットと組み合わせれば、さらに目立ちにくくなるでしょう。

一番上に戻る
045-443-8040 WEB予約WEB予約