マウスピース矯正(インビザライン)

矯正装置の目た目でお困りの方へ

矯正装置の目た目でお困りの方へ矯正歯科治療と言えば、ワイヤー矯正をイメージする方が多いのではないでしょうか。ワイヤー矯正は、歯に金属の小さな装置を取り付けて、そこにワイヤーを通すことで歯並びを矯正する治療法です。口を開けたときに目立つため、口元が気になることを理由に矯正歯科治療に踏み切れない方が少なくありません。
そのような方におすすめなのがマウスピース型矯正装置(インビザライン)による矯正治療です。

マウスピース矯正(インビザライン)とは?

マウスピース矯正(インビザライン)とは?マウスピース矯正(インビザライン)は、目立ちにくいマウスピースを装着して口元を気にせずに歯並びを整えることができます。
また、大切なイベント時にはご自身で取り外しができるため安心です。
複数のマウスピースを1~2週間ごとに交換するだけのため通院の手間も少なく済みます。

治療実績は世界で1200万人を超えている信頼度の高いマウスピース矯正です。
■インビザライン:ジャパン公式サイト:https://www.invisalignjapan.co.jp/

マウスピース矯正(インビザライン)をおすすめする方

矯正治療中の口元が気になる方

矯正治療中の口元が気になる方マウスピース矯正(インビザライン)では透明で薄いマウスピースを使用するため、矯正歯科治療を受けていることを周りの人に知られる心配がほとんどありません。仕事中はもちろん、プライベートでも口元を気にせずに治療を受けることができます。

痛みや違和感が心配な方

痛みや違和感が心配な方事前のコンピューターシミュレーションの結果に基づいて、歯を効率的に動かす矯正歯科治療が可能なため、動かし方に無駄がなく、痛みや違和感を最小限に抑えて歯並びを整えることができます。

食事を楽しみたい方

食事を楽しみたい方ワイヤー矯正では、矯正装置に食べ物がくっついたりはさまったりすることが気になりがちです。食事の内容が制限される場合もあります。
マウスピース矯正(インビザライン)は取り外し可能なため、食事の内容を制限する必要はありません。また、食べ物がくっついたりはさまったりする心配もなく、これまで通りに食事を楽しめます。

金属アレルギーの方

金属アレルギーの方マウスピース矯正(インビザライン)は金属を一切使用しないため、金属アレルギーの方や金属アレルギーが心配な方にも安心してご使用いただけます。

清潔な口腔内を保ちたい方

清潔な口腔内を保ちたい方金属の矯正装置はデコボコしているため、歯磨きがしづらいという問題点があります。また、自分で取り外すこともできません。マウスピース矯正(インビザライン)は、取り外し可能なため、これまで通りに歯磨きができます。
そのため、矯正歯科治療中も清潔な口腔内を保ちたい方におすすめです。当院では、矯正中のメンテナンスも行っております。

iTero element5Dでより快適な歯型取り

iTero element5D患者さまの負担を少しでも減らすためにiTero element5Dを使用した歯型取りを行っています。従来の歯型採取のような不快感や違和感がほとんどありません。
また、デジタル設備のため、精密な診断を行う上でも効果的です。歯型を取った後、コンピューターで治療のシミュレーションを確認することもできます。
実際の歯動きを視覚的に知ることでモチベーションを保ちやすくなります。

マウスピース矯正を効果的に進めるために

患者さまに合った治療計画の提案

マウスピース矯正(インビザライン)は、過去の膨大な数の症例をもとにコンピューターシミュレーションを行います。しかし、患者さまの骨格や歯茎の状態、体質などはシミュレーションに反映されません。
そこで当院では、知識や経験豊富な歯科医師がコンピューターシミュレーションをもとに患者さまの骨格や歯茎などを考慮し、オーダーメイドの治療計画を立案しております。

装着時間を守る

マウスピース矯正(インビザライン)は、1日20時間以上の装着が必要です。これは、食事と歯磨きのとき以外は、ほぼ常に装着することになります。
装着時間が短いと、シミュレーション通りに歯が動かなくなったり、治療が長引いたりする恐れがあります。取り外しが可能な反面、自己管理が重要です。

マウスピース矯正(インビザライン)の注意点

事前の精密な診断

マウスピース矯正(インビザライン)は、骨格に大きな問題があるケース、咬み合わせが大きくずれているケースなどに適用できない可能性があります。適用できても、後戻りのリスクが高まるため、歯科医師の判断でワイヤー矯正をすすめられるでしょう。
このような場合、マウスピース矯正(インビザライン)とワイヤー矯正を併用し、可能な限り治療の負担を軽減する方法を選択できるかもしれません。
当院では、マウスピース矯正(インビザライン)を適用できなかった場合でも目立ちにくい矯正歯科治療を提供できますので一度、ご相談ください。

むし歯や歯周病に注意する

矯正歯科期間中にむし歯や歯周病になると、矯正歯科治療を一時休止しなければならない恐れがあるため、より入念な歯磨きや定期健診でのチェックが必要になります。
当院では、むし歯治療や歯のクリーニングも行っておりますので、むし歯や歯周病のリスクを抑えつつ矯正治療を行えます。

他のマウスピース型の矯正装置

アソアライン(アソアライナー)

アソアライナーは、日本製のマウスピース型矯正装置です。コンピューターで歯を動かす量を測定・解析し、オーダーメイドのマウスピースを作製します。従来のマウスピース型矯正装置のクリアアライナーと基本的な構造は同じですが、複数の種類や専用プログラムなどを導入していることで、より正確な矯正歯科治療が可能になっています。

治療開始時期は、診断後最短10日と比較的早いため、すぐにでも矯正治療を開始したい方におすすめです。また、国内で専門の技工士が作製するため、信頼性も高いと言えるでしょう。さらに、その都度、歯型を採って作製するため、治療期間中に被せ物治療を受けることも可能です。そのほか、マウスピースにホワイトニングの薬剤を入れると、矯正治療とホワイトニングを同時に行えることもメリットです。

hanaravi(ハナラビ)

ハナラビは、手軽に始められるマウスピース矯正で、次のようなメリットがあります。

LINEで相談できる

矯正治療はモチベーションや自己管理が重要です。歯科医院を受診しなくても、LINEで不明点やマウスピースの交換時期などについて相談できるため、治療のモチベーションを維持しやすくなっています。

初回検診以外は受診が不要

マウスピースが月2回の頻度で自宅へ郵送されるため、初回検診以外に通院の必要はありません。通常のマウスピース矯正では、新しいマウスピースを受け取るために定期的に受診する必要がありますが、ハナラビは通院が不要なため、忙しい方など通院が難しい方にもお気軽にご使用いただけます。

一番上に戻る
045-443-8040 WEB予約WEB予約