部分矯正

部分矯正とは?

部分矯正とは?部分矯正とは、歯を1本~数本単位で動かす矯正治療です。通常の矯正は、多くの歯を動かすため、2~3年程度の期間がかかります。一方、部分矯正は動かす歯が限定的なため、半年程度で歯並びを整えられるケースもあります。ただし、部分矯正を適用できる症例は限られており、実際に歯並びを見てみなければ部分矯正を適用できるかどうかはわかりません。
部分矯正は、軽度の出っ歯やすきっ歯を治したい、インプラント治療の前準備として歯並びを整えたい、傾いている歯をまっすぐにしたい、などの場合に適しています。

こんな方におすすめです!

  • 前歯だけ気になる方
  • 短期間で前歯を矯正したい方
  • 費用を抑えて矯正したい方
  • 矯正歯科治療の後戻りを改善したい方
  • 直近のイベントまでに間に合わせたい方

前歯の部分矯正のメリット

治療期間が短い

前歯は歯の根の形が複雑ではないため、全ての歯を動かす矯正歯科治療と比べて短期間で矯正できます。また、歯を動かすときの負担も少ないため、痛みも抑えられます。

費用を抑えられる

治療期間が短く、装置を取り付ける部分が限定的なため、費用を抑えることができます。

歯を抜く可能性が低い

通常の矯正歯科治療と比べて、抜歯せずに治療できるケースが多い傾向にあります。抜歯の目的は、歯をきれいに並べるためのスペースを確保することです。このような場合は部分矯正では対応できないことが多いため、部分矯正では歯を抜かずに済むことがほとんどです。

前歯の部分矯正のデメリット

咬み合わせまでは改善できない

咬み合わせを改善するには、奥歯を動かす必要があります。部分矯正は主に前歯を動かしての見た目を整える治療のため、咬み合わせまでは改善できません。

部分矯正を適用できる歯並びは?

前歯

前歯だけずれているのが気になる場合は、部分矯正を適用できる可能性があります。
1本だけ前に出ていたり傾いていたりするケースのほか、過去に矯正歯科治療を受けた時の後戻りにも対応可能です。

軽度の乱ぐい歯

軽度の乱ぐい歯乱ぐい歯は、歯科用語で叢生(そうせい)といい、歯がさまざまな方向に生えている歯並びのことです。
歯が並ぶためのスペースが不足していると、歯と歯が重なったりねじれたりします。

すきっ歯

すきっ歯すきっ歯は、歯と歯の間にすき間ができている状態です。先天的に歯が小さかったり形が悪かったりする場合に生じます。また、舌で前歯を押す癖、頬杖などの習慣も原因の1つです。

軽度の出っ歯

軽度の出っ歯隣の歯と高さが若干異なる程度の歯並びや、歯だけが前に出ている歯並びに適用できます。顎そのものが前に出ている場合は、部分矯正では十分な効果が期待できません。

一番上に戻る
045-443-8040 WEB予約WEB予約