すきっ歯の治療方法

すきっ歯とは?

前歯に隙間があって気になるなどのお悩みはありませんか?その状態を「すきっ歯」と言います。すきっ歯は、周囲の人からも分かりやすく、見た目のコンプレックスになりやすいため多くの矯正相談を受けています。すきっ歯は見た目の問題だけでなく、機能性にも悪い影響が出てきますので、お早めに改善が必要です。

すきっ歯の原因

遺伝

遺伝によって生まれつき歯が小さい方の場合は、通常よりも歯と歯の間に隙間ができやすくなります。

歯が生えてこない・歯の本数が足りない

永久歯にすべて生え変わり、全ての親知らずを抜歯した場合、上下合わせ28本の歯がある状態になります。しかし、稀に生えてくるはずの歯が生えてこなかったり、生まれつき歯の本数が少なかったりする場合は、口腔内のバランスが崩れてすきっ歯になることがあります。

過剰歯がある・歯の本数が多い

通常よりも歯が少ない場合だけでなく、多すぎる場合にもすきっ歯を引き起こすことがありますので注意が必要です。「過剰歯」と呼ばれる歯が前歯を押し出すことにより、前歯に隙間ができることがあります。

上唇小帯の異常

上の前歯の真ん中から歯茎にある「上唇小帯」と呼ばれる部分が、歯の根元まで長くなっていると前歯の間に隙間ができやすく「すきっ歯」を引き起こします。

指しゃぶり・舌癖

幼い頃の指しゃぶりを止められずそのままにしておくと、前歯に内側から力がかかります。その結果、歯の間の隙間が広がるためすきっ歯になりやすくなります。

すきっ歯の治療方法

マウスピース矯正(インビザライン)

目立たない矯正歯科を受けたい方におすすめ!
マウスピース矯正(インビザライン)マウスピース矯正(インビザライン)では、透明なマウスピースを装着して歯並びを整えていきます。歯列の状態に合わせて定期的にマウスピースを交換します。軽度のすきっ歯を改善するのに適しています。目立たない矯正歯科を受けたい方、痛みが苦手な方、金属アレルギーの方にもおすすめです。

ワイヤー矯正

歯の隙間が広い方におすすめ!
ワイヤー矯正歯の隙間が広い方の場合は、マウスピース矯正やラミネートべニア、ダイレクトボンディングは適さないことが多いです。そのような方でもセラミックブラケットを使用することで目立ちにくい矯正歯科を受けることが可能です。

ラミネートべニア

短期間で歯の隙間・歯の色を改善したい方におすすめ!
ラミネートべニアラミネートべニアは歯の表面に薄いセラミックを張り付けることで、軽度のすきっ歯を改善することが可能です。歯並びだけでなく、セラミックを使用するため歯の形・色なども気になる方におすすめです。歯を削る量も最小限に抑えることが可能ですので患者さまの負担も少なくすむ点もメリットと言えます。

ダイレクトボンディング

短期間ですきっ歯を改善したい・治療費用を抑えたい方におすすめ!

ダイレクトボンディングは、コンポレットレジンを重ねていくことで歯並びを整えることができます。歯並びの状態によっては、歯を削らずに済んだりすることもあるため、歯に優しい治療方法です。通院回数も少なく、大切なイベントまでに歯列を整えたいというニーズにも応えることが可能です。また、金属を使用しないため、金属アレルギーの方も安心です。

矯正歯科相談無料

当院の矯正歯科相談は無料で行っております。患者さまの幅広い二―ズにお応えできるようにマウスピース矯正(インビザライン)・目立ちにくいワイヤー矯正など豊富に取り揃えております。また、矯正歯科とダイレクトボンディングやラミネートべニアなどの詰め物・被せ物治療を組み合わせることもできますので、気になる方はお気軽にご相談ください。歯の色も美しくすることが可能です。
一番上に戻る
045-443-8040 WEB予約WEB予約